経営戦略考 日経記事から毎日学ぶ経営戦略の原理原則 www.senryakukou.com
経営戦略の発想が身につく、毎日5万人が購読するビジネス系定番メールマガジン
サイトマップ

■メルマガ「経営戦略考」を読んでみませんか?(購読無料)
メールアドレス  
コンビーズメールを使って、メルマガ配信しています 

メールマガジンバックナンバー

2009年05月28日 通巻1929号
映像の修理サービスを開始 > 他社・他業界のビジネスモデルを採り入れる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■   映像の修理サービスを開始
■■
━━━━━━━━━ 情報源:日本経済新聞 2009.05.27【15面】━

◆来月開催する「新聞記事で鍛える【超】ビジネス発想力強化セミ
ナー」の準備を着々と進めている。既に多数の参加お申し込みをい
ただいている。ありがたいことだ。
→ http://www.entrelect.co.jp/seminar_keieisenryakuko0906.html

◆参加お申し込みのメールのコメント欄に、日経記事は毎日チェッ
クしているが、仕事に役立てるノウハウがわからない、といった書
き込みが散見される。

◆そのノウハウ、セミナーでは、きっちりとお話ししたいと思って
いる。ノウハウの一つとして、記事を「抽象化する」という手順を
踏むことがある。

◆要は、自分の仕事で応用可能なエッセンスを抽出するということ
だ。食事を摂取した場合で言えば、いったん消化して栄養素のレベ
ルに分解してから、肉体に再構成するというイメージだろうか。

◆たとえば、建設業界などでは、リフォーム市場がおおいに注目さ
れてきている。建設業界の話として受け止めると、業界が違えば、
特に役立つ記事ではない。

◆しかし、「新品」ではなく「修繕」の市場が注目されている、と
抽象化すれば、他のほとんどの業界で通用する話になる。27日付け
の日本経済新聞にも、そのような記事が掲載されている。

◆「人材派遣や採用支援を手がけるビー・スタイルは採用活動用に
作った映像の修理サービスを始める」のだそうだ。建設業界とは全
く異なる業界だが、「修繕」の市場に注目するという点では、同じ
だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■   他社・他業界のビジネスモデルを採り入れる
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●記事によれば、「事業部名の変更や登場人物の異動などで修正が
必要な場合に1万円から対応する」という。ほんの一部分の修正の
ために、すべて録り直すというのは、さすがにムダだ。

●昨今の景気を考え、「採用コストが限られる中、いったん制作し
た映像を数年間使用したい企業が多いと判断した」という。洋服な
どでもそうだが、「修繕」や「リサイクル」「リユース」は、今や
社会全体のキーワードであり、自社・自業界でも例外ではないはず
だ。

●このように、日経記事を読む際は、「同じ」こと、すなわち自社
や自業界との共通点を探し、着目することで、経営や仕事に役立て
やすくなる。

●ビー・スタイルがこのサービスを発想したのは、純粋に「もった
いない」という顧客の声に耳を傾けた結果だったのかも知れない。
しかし、「修繕」というキーワードで、自社の商品・サービスを点
検しても、今回のような発想は得られる。

●この修理サービスは、ビー・スタイルが制作した映像のみが対象
となるという。「映像の完成バージョンと字幕や音声を除いた2つ
のバージョンのテープのみを保存」することで、字幕や音声の差し
替えが可能になる。

●興味深いのは、「データの保存料が初年度は無料で2年目からは
年間10万円かかる」というビジネスモデルだ。修正の最低料金が1
万円とは、随分と安いと思ったが、このような仕掛けがあったわけ
だ。

●これもまた、どこかで聞いたような話だ。ソフトウェアなどを売
り切りにせず、長期的かつ継続的に使用料を徴収するモデル。ソフ
トウェア業界という他業界のビジネスモデルを、自社に採り入れた
と言える。

●日経記事を読まずとも、他社・他業界のやり方をマネし、自社に
採り入れることは可能だろう。しかし、情報が集約されている新聞
を、発想のヒント獲得に活用するのは効率的だ。試してみてはいか
がだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の教訓 ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたの企業では、日経記事をどのように経営や仕事に役立ててい
るだろうか。他社・他業界のことと受け止めてしまえば、共通点も
接点も見出せず、役に立てることはできない。記事を抽象化し、自
社に役立つ共通点を探してみよう。そうすれば、きっと役立てるこ
とができるはずだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━