経営戦略考 日経記事から毎日学ぶ経営戦略の原理原則 www.senryakukou.com
経営戦略の発想が身につく、毎日5万人が購読するビジネス系定番メールマガジン
サイトマップ

■メルマガ「経営戦略考」を読んでみませんか?(購読無料)
メールアドレス  
コンビーズメールを使って、メルマガ配信しています 

メールマガジンバックナンバー

2009年06月02日 通巻1930号
大手百貨店は「非百貨店事業」で勝負する > 今の非メイン事業は将来のメイン事業かも

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■   大手百貨店は「非百貨店事業」で勝負する
■■
━━━━━━━━━ 情報源:日本経済新聞 2009.06.02【15面】━

◆日経記事を読み解くには、フレームワークの在庫を持っておくこ
とが重要だ。フレームワークを記事に当てはめると、登場する企業
が何をどうしようとしているのか、わかりやすい。

◆私が最もよく使うフレームワークは、「事業単位」の考え方だ。
フレームワークというより、戦略を考える上での大前提の考え方だ
と言った方がよいかも知れない。

◆業績を上げようと思うなら、儲かる事業単位に集中し、儲からな
い事業単位は、やめればよい。あるいは、成長が見込まれるかどう
かという判断もあるだろう。

◆そう考えると、実に簡単な話だ。ただ現実には、事業単位が相互
に補完関係にあったりすると、どちらかをやめるということは、出
来なくなったりする。そこが知恵のひねりどころであり、経営判断
の妙でもある。

◆また、その手前の問題として、事業単位をどのように設定するか
は、場合によっては悩ましい。製品別・市場別・販売チャネル別が
基本となるが、価格帯別やサイズ別といった、少しひねった観点も
必要になったりする。

◆日経記事に登場する企業は、どのように事業単位を設定している
のだろうか。そのような観点で記事を読み解いてみよう。たとえば
2日付けの日本経済新聞に掲載されている大手百貨店の業績に関す
る記事がそうだ。

◆「大手百貨店の2009年度の連結業績は不動産や金融など『非百
貨店』事業で格差が開きそうだ」とある。なるほど、「百貨店」と
「非百貨店」という観点で、事業単位を分けて考えているわけだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■   今の非メイン事業は将来のメイン事業かも
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●日経記事を経営や仕事に活用する場合、記事を「抽象化」して考
える必要がある。今回の記事の場合、自社は百貨店ではないから関
係ない、としてしまえば、それで終わりだ。

●しかし、抽象化して考えると、「メイン事業」と「非メイン事業」
という分け方になる。そして、「非メイン事業」で企業間格差が生
まれるという。

●百貨店なら百貨店事業で競うのが本来ではないか。この記事を読
んだら、そんな「驚き」の感覚を抱いてもよいと思う。(日経記事
に、いちいち感動したり驚いたりしながら読むと、情報感性が高ま
る。と思う。)

●では、自社についてはどうだろうか。「メイン事業」で他社とし
のぎを削っている。だが実は、「非メイン事業」を無視してはいけ
ないのかも知れない。意外とそれが、利益の源泉であったりもしそ
うだ。

●同じようなことで、ハンバーガーショップが、「メイン商品」と
思われるハンバーガーではなく、ポテトやドリンクで利益を稼いで
いるという話も聞く。(全く違うことのようで、実は共通点がある
ことを見出せるようになると、かなり発想力が鍛えられていると言
える)

●私が以前にコンサルした企業でも、メイン商品でないと軽視され
ていたものが、後になって大化けした例がある。事業単位としては
「その他」とくくられていたのだから、すっかり見落としていたわ
けだ。

●今回の記事は、「高島屋が不動産開発事業を第2の柱に位置づけ
るなど、非百貨店事業を強化する動きが広がるとみられている」と
結んでいる。

●メイン事業・非メイン事業というくくりは、あくまでもその時点
のことであり、場合によっては思い込みや思い入れだったりする。
売上実績データなどを丹念に洗っていくと、もしかしたら将来のメ
イン事業となり得る事業単位が埋もれているのを発見するかも知れ
ないのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の教訓 ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたの企業では、自社の事業単位をどのように設定しているだろ
うか。「非メイン」とみなしている事業単位を、おろそかに扱って
いたりはしないだろうか。メイン・非メインの区分は、現時点での
ものに過ぎない。将来の飯の種を見逃さないようにしよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━