経営戦略考 日経記事から毎日学ぶ経営戦略の原理原則 www.senryakukou.com
経営戦略の発想が身につく、毎日5万人が購読するビジネス系定番メールマガジン
サイトマップ

■メルマガ「経営戦略考」を読んでみませんか?(購読無料)
メールアドレス  
コンビーズメールを使って、メルマガ配信しています 

メールマガジンバックナンバー

2009年06月03日通巻1931号
人気のある求職者がわかるシステム > 「みんなの意見」を「見える化」する効果

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■   人気のある求職者がわかるシステム
■■
━━━━━━━━━ 情報源:日経産業新聞 2009.06.03【4面】━

◆昨日の当メルマガで、新聞記事の読み解く際は、フレームワーク
を当てはめてみるとよいとお奨めした。もう少し大きくとらえ、ビ
ジネス書等で学んだ理論やノウハウを当てはめるといったことでも
よい。

◆記事を読み、「どこかで読んだような気がする」と気づくと、当
てはめることをしやすい。昨日も指摘したように、双方の「共通点」
や「類似性」をどれだけ発見できるかは、発想力を発揮するポイン
トでもある。

◆しばらく前に、「『みんなの意見』は案外正しい」という本を読
んだ(ジェームズ・スロウィッキー著、角川書店)。そして今日は、
この本を思い出させてくれる記事をみつけた。

◆3日付けの日経産業新聞に、「求人サイト向けの新しい検索シス
テム」が開発されたという記事が掲載されている。ホットリンクと
いうソフトウエア開発会社によるものだ。

◆このシステムでは、条件を設定して、求人企業が自社に合った求
職者を探すことができるのだが、その際、その求職者に対する他社
の動きも知ることができる。

◆それにより、「他社の動向を参考に求職者の人気などを確かめる
ことができ、効果的に採用につなげられるという」。人気のある求
職者なら、アプローチする価値はあるはずだと確認できる。

◆採用への自信なさげな姿勢は、いかがなものかと思わないでもな
いが、「『みんなの意見』は案外正しい」と考えると、理に適った
話なのかも知れない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■   「みんなの意見」を「見える化」する効果
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このシステムでは、「相手の企業がほかにどんな人材を候補に挙
げているのかも表示する」。「同じ人材を採用しようとしている会
社の動向を確認することで、条件による絞り込みだけでは取りこぼ
していた人材を発掘できる」効果があるのだそうだ。

●これは、「この本を買った人は・・」のアマゾンの仕組みと同様
だ。この人材を採用しようとしている企業は、この人材にもアプロー
チしています、と読み換えることができる。結果として、芋づる式
に本や人材に次々と当たっていくことになる。

●このように、実は「みんなの意見」の原理は、マーケティングな
どでも使われていることがわかる。「売れ筋ランキング」を掲示す
ることが効果的だと言われるが、それも「みんなの意見」の集約だ。

●確かに、自分だけの考えでなく、他者の知恵を上手に活用すると
いうのは、基本的に賢明な行動だ。それがシステム化され、さらに
それが「見える化」されたというわけだ。

●社内の業務を「見える化」することの重要性は、ここ何年も強調
されてきた。今回の記事は、顧客同士の互いの振る舞いを「見える
化」することでの効果を述べている。「見える化」、恐るべし。

●学校の試験結果でも、成績を学内に貼り出されるとなると、勉強
に対する緊張感が違ってくる。それもまた、「見える化」効果だと
言えるだろう。

●考えてみれば、せっかくの「みんなの意見」も、それらが「見え
る化」されなければ、活用のしようがない。「見える化」するなら、
「みんなの意見」として活用できるように仕立てることを考えてみ
るとよいのだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の教訓 ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたの企業で進めている「見える化」は、いったい誰のためのも
のだろうか。顧客視点での「見える化」を上手に進めることは、マー
ケティングにプラスの効果をもたらす。「見える化」を社内だけの
ことに留めていては、もったいない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━